家づくりお役立ちサイト JHOP > JHOP CAD Freeで設計してみよう > 使い方

使い方

ダウンロードページへ進む


JHOP CADをダウンロード

JHOP会員登録を済ませ、ログインしたら「JHOP CADダウンロード」ボタンをクリックし、ソフト一覧から「JHOP CAD Free」アイコンを選択します。利用許諾に同意の上、「ダウンロード」をクリック。ライセンスIDを確認し、ダウンロードを実行します。
※JHOPより発行されるライセンスIDは、インストール時に必要となります。大切に保管してください。
※ダウンロード前に、「動作環境」ページにてJHOP CADの動作環境条件をご確認ください。

JHOP CADを簡単インストール

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたインストーラをダブルクリックします。使用許諾契約に同意の上、インストール先を選択、ダウンロード時にJHOPより発行されたライセンスIDを入力し、インストールを実行します。

JHOP CADを起動

JHOP CADをインストール後、デスクトップ上に自動作成された「JHOP CAD Free」のアイコンをダブルクリックします。表示されるエクスプローラ画面から「JHOP CAD Free」のショートカットをダブルクリックすると、JHOP CADの物件選択画面が起動します。

物件概要を登録

物件選択画面のメニュー「ファイル」から「新規物件の作成」を選択すると物件概要画面が表示されます。ここで施主名や工法、階数といった基本情報を登録します。登録を済ませたら「OK」ボタンをクリックし、プラン図編集画面を起動します。

壁入力

全壁で間取りを入力してから腰壁・下がり壁・框線などの種類を上書き入力します。間取りに応じて、矩形・連続線モードを使い分け、簡単に入力が可能です。移動や削除、矩形の拡大縮小もマウス操作ひとつで行え、プラン変更が簡単にできます。

部屋入力

壁の入力後は部屋名設定を行います。部屋名設定は、部屋名を表示すると同時に、床・天井面の生成や建具の面材・高さ判定の基準となります。

建具入力

タイプごとにアイコン化されたメニューから建具を入力します。内部・外部の判定や建具高さは取り付け位置により自動判定。よく使う建具はお気に入り登録ができるので、あとからの入力が簡単です。

部品入力

アイコンメニューから水廻り・収納家具といった部品を選択すると3次元部品ダイアログが表示されます。この画面で階層メニューを選択することで更に部品を絞り込み。部品はパース表示・平面表示によって、より簡単に、より楽しく選択できます。

リアルタイム3Dビューア

入力したプランはWeb3D機能ですぐにチェック。マウス操作ひとつで360度見たい方向からプランを確認でき、立体的なイメージの把握を支援します。プランニング編集画面と一緒に表示することで、入力結果がリアルタイムに反映。データサイズが非常に軽く、ストレスを感じない操作感が特長です。

寸法線入力

寸法線の入力は自動寸法線機能で簡単入力。表現方法や表示位置を設定したら、あとはOKボタンをクリックするだけ。寸法線が自動入力できます。

画像出力

入力した間取り図をJPEG・ビットマップ・TIFFといった画像ファイルに出力できます。ぼかし・エッジ処理・色鉛筆風・水彩画風など画像表現力豊かな画像処理も可能なため、家づくりの楽しさが広がります。

ウォークスルーで確認

3D上でのマウス操作による簡単ウォークスルーが可能です。3Dと平面プランが連動し、プラン上で動線を指示すると、まるで自分が家の中を歩いているかのように見ることができ、空間の確認も容易に行うことができます。男性、女性、子供の視点高さ設定も可能で、家族ぐるみでの家づくりをサポートします。

ダウンロードページへ進む

ページの先頭へ戻る

JHOP CAD Freeで設計してみよう

個人会員登録

法人会員登録