Top > おうちをおしゃれに着こなす > お宅訪問

イメージ1

キッチンを間に挟んで、リビングとダイニングは分けられています。
リビングの飾り棚に家族の思い出やおしゃれ雑貨を飾ってギャラリー風に。

おじゃまします! お宅訪問レポート おうちをおしゃれに着こなしたお宅訪問

手づくりクラフトで彩られた
ナチュラルな子育て空間

東京で暮らしていた長谷部さん(仮名)一家が、千葉県に家を建てたのは1年前。いつかは家を建てたいと思っていた長谷部さんですが、下のお子さんが小学校に上がる時期に合わせて、家づくりの準備をはじめました。

イメージ2

長谷部さん宅の外観。広々とした庭で子どもたちは
友達をたくさん連れてきてよく遊んでいるそう

イメージ3

リビングにはパインの無垢フローリングが貼られています。
大きなローテーブルは家族団らんの場になっています

長谷部さんは、まず住宅展示場を見にいきました。そこで、One's Life ホームのモデルハウスに一目惚れ。2回目のモデルハウスの見学で、「ワタシが求めている家はこれだ!」と妻の紀子さんは直感。One's Life ホームと家づくりを進めることになりました。

木のナチュラルな雰囲気が気に入って

紀子さんがOne's Life ホームを気に入った理由は、「全体のナチュラル感」。パイン材のフローリングに珪藻土の壁、木製サッシといった自然素材で構成された空間の雰囲気をとても気に入ったそうです。

担当してくれた営業さんとの相性もよかったので、すぐに長谷部さんはOne's Life ホームに依頼先を決定。プラン打ち合わせに入ります。同社は建築家を紹介するコンペ方式をとっています。2社の提案を受けて、長谷部さんは今回の村上建築設計室の案を選びました。
「村上さんの提案はイメージパースから家族とふれ合う日々の情景が浮かんできて、暮らしやすさが感じられました」(紀子さん)。スケッチを用いたシーンの提案が、とても分かりやすかったそうです。

小さなミシンスペース

この家には、紀子さんのこだわりが随所に反映されています。まずはリビングとダイニングを分けること。それは、食事の時間はテレビをみないで過ごしたいから。家族が集う時間を大切にしたいという気持ちの表れです。

もう1つが、キッチンとダイニングから動線でつながったミシンスペースです。紀子さんは数年前に手芸に出会い、今では玄人はだしの腕前。バッグや小物など、いろいろな作品を生み出すこのアトリエスペースには、以前の家でも気に入って使っていた作業デスクがちょこんと置かれています。机に合わせてつくったアトリエなので、サイズはぴったりです。「思い入れのあるモノを上手に生かしながら、今の生活に合った使いやすいスペースがつくれるのも注文住宅の良さかもしれません」と設計した村上さん。

そしてリビングに隣接した畳の部屋。「ごろんとできる場所があるとくつろげます」と、夫の義則さんもお気に入りの場所。紀子さんも洗濯物を畳むスペースとしても重宝しています。
さらに驚くのは庭です。庭は義則さんと近くに住んでいるお父さんによるセルフビルドです。土間コンクリートを打って、土を入れ替えて、ウッドデッキをつくって、枕木を敷いてと2人は大活躍。最初は何もなかった庭が、1年がかりで緑のあるおしゃれで居心地のいいガーデンになりました。

イメージ4

キッチンからもダイニングからもつながったミシンスペースは、主婦にはうれしい動線。材料や道具が取りやすいようにコンパクトにまとまっています

イメージ5

踊り場周辺の階段の蹴込み(けこみ)部分を飾り棚のように利用しています。家族の想いがいっぱい詰まった、この家の模型がさりげなく飾られています

イメージ6

リビングとつながる畳の部屋は、縁のない畳を使い、天井もダウンライトにしてすっきりさせるなど、モダンに仕上げています

イメージ7

玄関アプローチや庭は義則さんとお父さんによるセルフビルドです

イメージ8

紀子さんの小物入れ。キャビネットのエイジング塗装がおしゃれです。手づくりのバッグがインテリアの一部になっています

作品や家族の思い出を飾るニッチがあちこちに

建築家の設計ならではの、細部のつくり込みも見逃せません。
各所にさりげなく設けられたニッチ(壁の空隙を利用した飾り棚)が目をひきます。そこには紀子さんの手芸作品や写真が飾られています。村上さんがニッチに収めるものを聞いてから設計しているので、位置や大きさもぴったりです。ナチュラルな空間に手づくりの彩りを自然に加えます。

リビングの大きなテーブルもお気に入りの1つ。最初は脚が長くて折り畳めるテーブルを考えていましたが、今ではこの存在感と、使いやすさに大満足です。
そして、最初からお気に入りだった木製サッシ。ナチュラルな木の質感はほかのアルミのような素材では得られません。トリプルガラスが入っているので、断熱性能も抜群です。今年は盛夏でしたが、室内では快適に過ごせたそうです。また遮音性も高く、「家のなかにいると外の音が聞こえなくて、本当に静かなんです」と紀子さん。
木製サッシのまわりを飾るカーテンは、カーテン屋さんとやりとりしながらつくったオリジナル。ナチュラルな家の雰囲気にぴったりです。

このナチュラルで手づくり感たっぷりの新しい家に、長谷部さんは大満足。注文住宅ならではの細やかな設計が、個性的でおしゃれな暮らしを支えています。

イメージ9

2階の廊下のニッチ。これ以外にも、いろいろなところに効果的に設けられています

イメージ10

木製サッシはナチュラルな家づくりにはずせないポイントの1つ。カーテンもオリジナルです

長谷部邸 DATA

家族構成 夫婦、子ども2人 敷地面積 201.30㎡(60.8坪) 延床面積 113.25㎡ 1階/66.66㎡ 2階/46.59㎡
構造・工法 木造枠組壁工法
■建築会社 株式会社 One's Life ホーム
東京都世田谷区用賀2-31-7 イイダアネックスⅠ3F TEL 03-5491-8200 http://www.oneslife-home.com/

■暮らしの設計

暮らしと住まいの「育ち」研究室

東京都北区堀船3-21-11 TEL 03-6801-6830

http://www.suma-soda.net/

■設計事務所

村上建築設計室

http://www.murakami-design.com/

村上建築設計室は、村上治彦さんと村上有紀さんのご夫婦の建築家が主宰する設計事務所です。設計には共同であたります。女性目線を生かした有紀さんの提案と、室内の温度環境や空気の流れを重視する治彦さんの構成力がうまく混ざり合って、バランスのいい家になると評価されています。

イメージ11

村上さんの暮らしやすさに配慮した設計には定評があります

イメージ12

和やかに談笑する紀子さんと村上さん。長谷部さん一家とは家族ぐるみのつき合い

■この家を設計した女性設計者

村上 有紀さん(むらかみ ゆき)

村上さんは、大学卒業後、建築系の専門学校に入って、建築を勉強しました。卒業後は母校の専門学校で、5年間教師として学生を指導していました。
教師の仕事は面白かったそうですが、「教えるだけでなく、設計したい」と思うようになり、すでに設計者として独立していた夫のサポートをするようになります。そして今では共同で設計事務所を運営するようになりました。

この共同設計というスタイルが村上さんの強みの1つ。「常に設計は2人で取り組んでいます。得意分野も違うので、それが一緒になることで密度の濃い提案になります」と村上さんはいいます。
また、今の住宅設計の仕事に、教師の経験は役に立っていると村上さんはいいます。「学生のもやもやを整理してかたちにすることと、お施主様のもやもやをかたちにするのはよく似ているのです」。

家づくりの経験を重ねるにつれ、要望をまとめる段階でつまずくお施主様が結構いらっしゃることに村上さんは気づきます。そこで家事セラピストの資格をとり、お施主様の暮らしを読みとる力をさらに向上させました。そして設計前の聞き取りにいっそう力を入れるようになりました。

「自分をさらけ出すことで、『本当は片付けが苦手』とか、相手も本音を教えてくれます」と村上さんはいいます。「お施主様が乗ってくると、こちらも楽しくなってきます」。お施主様の暮らしを読みとる力をどんどん向上させている村上さん。定評ある暮らしやすい家の設計に、ますます磨きがかかりそうです。

村上さんのお仕事は女性専門家インタビューへ

村上さんの家づくりレッスンはこちらへ

取材日:2011年11月6日

Text:大菅 力/Photo:廣瀬 育子
※お宅訪問レポートのご家族のお名前は仮称です。

こどもとしっかり向き合える 戻る TOPへ 進む 家族のふれあいを生み出す