家づくりお役立ちサイト JHOP > お役立ち情報 > 住宅用語集 > 建材に関する言葉

本機能のご利用にあたっては、必ず利用上の注意事項をご確認ください。

建材に関する言葉

集成材(しゅうせいざい)

集成材とは、複数の小片の無垢材を縦方向ないし横方向に接着してつくられた木材です。建物の柱や梁とカウンターや階段などの大きな面をつくる材料として使われます。

安価で品質が安定しているというメリットがありますが、集成材の性能は、使用される接着剤によって大きく左右されます。接着剤の種類による使い分けや接着剤の経年劣化などについては専門家に確認した方がよいでしょう。

個人会員登録

法人会員登録