家づくりお役立ちサイト JHOP > お役立ち情報 > 住宅用語集 > 工法や構造に関する言葉

本機能のご利用にあたっては、必ず利用上の注意事項をご確認ください。

工法や構造に関する言葉

集成材構法(しゅうせいざいこうほう)

いわゆる俗称で、軸組・在来構法の種類の1つです。

主要な材料として、無垢材ではなく集成材が使われています。材料の寸法は軸組・在来構法よりもやや大きくなり、接合部は鉄板などの金物を介してボルトで固定されます。

接合部の強度に比例して壁や床などの耐震要素が少なくてすむため、結果的には伝統構法にやや近くなります。

個人会員登録

法人会員登録